走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

「アウトレイジ ビヨンド」 爆発的暴力の前作から若干の軌道修正。正統的暴力映画に戻るも、塩見三省、西田敏行ら怪優たちの熱演で恐怖は倍増!!

 

 






 

 

f:id:maddiehayes9915544:20171004220730p:plain

 

やや整合性にかけるパート1とパート2(ビヨンド)

 

前作「アウトレイジ」のラストシーンで、小日向文世演じるマル暴刑事・片岡は、確かに「大友は刑務所で刺されて死んだ」と言っています。

 

どっこい大友は生きていた、ってところから始まる本作。

 

「アウトレイジ」の続編ではあるものの、若干、タッチの違いに気づきます。

 

前作はこれでもかこれでもか、とばかりに理由などほとんどない暴力の波状攻撃だったところが、今回はきっちりとした流れの中にある暴力、かつての北野映画に回帰した、理由ある暴力、に回帰しています。

 

まさか続編があると作り手も考えていなかったと思われるため、やや物語の結合部分に無理が見えるところもあります。

 

例えば冒頭でも紹介した、大友が生きているという設定。

 

いくら策士・片岡といえど、生きている人間を死んだなどとヤクザに報告することはないでしょう。調べればすぐにわかるのだから。

 

また、中尾彬演じる富田、名高達男演じる白山、光石研演じる五味、は山王会の古参幹部という役どころ。

 

しかし「アウトレイジ」の冒頭の幹部会には一瞬たりとも映っていません。

 

さらに田中哲二演じる船木は先代会長・関内のボディーガードだった、とのことですが、これも一瞬も出て来ていない。

 

船木の話では、先代が殺された時、三浦友和演じる加藤が船木には来なくていい、といった。しかし池元組若頭の小沢が来ていたので、何かあってはいけないと思い影で見守っていたら、加藤が小沢を殺して先代も殺したところを見てしまった、とのことでした。

 

しかし、他の場面で船木が先代にぴったりと寄り添っているシーンなどありません。

 

あまり細かい点をつくのは野暮というものですが、これらのことを鑑みても、「アウトレイジ」が続編を作ろうと思っていなかったのは明白です。

 

「アウトレイジ=暴力至上主義」「ビヨンド=北野映画らしい必要悪の暴力」

 

そして何よりも前作との繋がりで首を傾げたくなるのは、主人公・大友のキャラクター設定です。

 

「アウトレイジ」における大友は、確かに状況が劣勢になって来たとき、部下の1人に逃げるように指示したり、1丁しかない拳銃を部下に与えたりする、男気のある側面も描かれてはいました。

 

しかしほとんどの場面で大友は率先して怒鳴り、殴っています。

 

謝罪に来た木村に対し、無言で顔面にカッターナイフで切りつけるという狂ったような行為を行なっています。

 

まさに狂犬といってもいいほどの、恐怖の存在。

 

その大友が、なんか、すっかり丸くなっています。

 

木村のことを「木村さん」と呼び、「謝りに来たのを切りつけて、どう考えてもこっちが悪い」と反省の弁を口にします。

 

5年の歳月を刻み、大友組は全員が死に絶え、信じていた仲間に裏切られた挙句の、現在の姿、というのはわからなくはないのですが、予想外の「いい人化」にやや拍子抜けしてしまいます。

 

その後の、自分を殺しに来たヒットマンを殴打し続ける姿や、花菱会と渡り歩く姿などは前作を彷彿とさせるも、大友も木村も、前作のような狂ったヤクザぶりが影を潜め、復讐に燃える側面が強調されています。

 

本来、続編を作るつもりがなかったせいか、この「アウトレイジ ビヨンド」に物語に整合性を取るためには、この若干の軌道修正が必要不可欠でした。

 

恐怖の花菱会

 

そして本作で最も輝きを放っているのが花菱会の面々。特に西田敏行演じる西野と塩見三省演じる中野の恐怖溢れる威圧感は、観客として対峙しても息がつまりそうなほど。

 

ほんの少し、西田さんの関西弁に違和感がある箇所がありましたが、そんなことさえほとんど気にならない。

 

塩見さんのヤクザ役は怖くて怖くて、芯から震え上がるような迫力。

f:id:maddiehayes9915544:20171004171511p:plain

 

残念ながら、山王会のスタッフにあの威圧感を出せる役者がいないため、花菱会に吸収されてしまうのもわかる気がします。

 

西田敏行のアドリブ

 

北野監督は台本通り進めることを好まれるらしいのですが、逆に西田さんはアドリブ好きで知られています。

 

どう考えても西田さんのアドリブとしか思えない箇所は2箇所。

 

お前のチ◯ポの毛ぇ

 

中野英雄演じる木村と、ビートたけし演じる大友が、初めて花菱会の事務所を訪れ、大もめに揉めるシーン。

 

花菱会と山王会を喧嘩させる気か?と、塩見三省演じる中野が木村に問うと、木村は「補佐(中野のこと)も、あれは昔の山王会じゃない、ただの加藤組だって…」と反論しようとします。そこに割って入る西野のセリフ。

 

「ちょお待てコラ。何ぬかしとんじゃコラ。山王会とは、お前のチンポの毛ぇ生える前から盃かわしとるねん!!」

 

この「チンポの毛ぇ」の部分、若干ですが言い淀んでいます。明らかに、その場で思いついた言い回しだと思われます。

 

ゾウさんみたい

 

もう1箇所は、抗争が終結し、木村が再び花菱会を訪れるシーン。

 

西野は山王会と木村組を五分の手打ちにすることにした、と木村に説明します。

 

うまく飲み込めない木村に、不満げに西野が言います。

 

「あんまり嬉しそうとちゃうなぁ?お前の組みたいな、小ぃっちゃなトコと。山王会いうたらでっかい、言うたらゾウさんみたいなでっかい組と、五分の手打ちになるんやで?おぅ?」

 

この「ゾウさんみたい」な部分で、同じシーンに収まっている塩見三省の左の頬が一瞬、ヒクっと動きます。予想外のセリフに発作的に出た笑いを止めているのがわかります。

 

そもそも花菱会って…

 

でもそもそも花菱会ってネーミングは何でしょう?

 

吉本興業式の芸人・花菱アチャコから取っているんでしょうか、そこだけが気になる…(^_^;)

 

唯一、残念なのは…

 

本作の完成度はとても高いと思います。

 

ただ、もし許されるなら、パート1における石橋蓮司や黒人大使のような、出てきただけでクスッと笑える登場人物が欲しかった、という点でしょうか。

 

徹底した威圧感溢れるヤクザの恐怖の中で、そんな存在がいれば、もっと面白かったようにもいます。

 

f:id:maddiehayes9915544:20171004220712p:plain

 

STORY 

 

山王会は先代の会長・関内亡き後は加藤(三浦友和)が後任となり、大友(ビートたけし)を裏切った石原(加瀬亮)がナンバー2となっていた。インテリヤクザの石原はやり口は、国交相にまで及んでいた。

 

5年の月日が経ち、石原の手腕もあり、山王会は巨大化していた。片岡(小日向文世)の後任となったはずの山本が山王会に殺されるに及んで、警察は山王会への締め付けの強化を図る。

 

片岡は久しぶりに山王会を訪れ、山本殺しの犯人を誰でもいいから差し出すよう依頼。そこで、先代の関内のボディーガードだった船木(田中哲二)が石原同様、かなりの出世をしていることを知る。

 

山王会が差し出した山本殺しの犯人は素人と紙一重程度のヤクザだった。片岡の部下・繁田(松重豊)は露骨なやり口に片岡に抗議するが、片岡のやり口は変わらない。

 

山王会の幹部会においても、石原の存在感は強烈であった。古参幹部の富田(中尾彬)白山(名高達男)五味(光石研)らは冷遇される自分たちの立場に我慢ができない。

 

三人で会食中、片岡があらわれる。片岡は巨大化しすぎた山王会を本気で警察が潰しにかかろうとしている現状を憂い、加藤、石原に引退してもらうべきだ、と説く。そして三代目会長には富田に就任してもらうために、関西暴力団の巨大組織・花菱会との会合をセッティングする。

 

富田は片岡とともに花菱会の会長・布施(神山繁)、若頭の西野(西田敏行)、中田(塩見三省)と会い、加藤体制で揺らいでいる山王会の現状を布施に相談する。布施も加藤の器の小ささを危惧していたので、この訴えを斟酌すると約束。

 

ところが、富田が東京に戻るとすぐに加藤から呼び出しがかかる。なんと花菱会の布施が富田の動きを加藤に報告していたのだった。さらに石原は白山、五味から富田が加藤体制を批判していた事実を聞き出していた。兄弟分に裏切られた富田は土下座で命乞いをするさなか、船木に射殺される。

 

これは片岡にとっても予想外の出来事であった。

 

山王会の勢力の縮小を狙う片岡にとって、最後の切り札は…

 

刑務所にいる大友であった。大友は、片岡が自分は死んだと噂を流しているのを知っていた。そういうことにしておかないと、山王会に狙われるから、というのが片岡の説明であった。

 

何度も大友に面会する片岡。しかし大友はもうヤクザ抗争に関わるつもりなどなかった。

 

しかし片岡が手を回し、大友は早期に釈放される。

 

片岡と繁田のクルマを素通りし、大友は李(白竜)のクルマに乗り込む。

 

李は韓国と日本で手広く商売をする大物フィクサー・張(金田時夫)の部下であった。張は10代で戦後の上野を舞台に広く商売を手がけ、その頃から大友と付き合いがあった。張の世話になる大友。

 

いっぽうで片岡は、刑務所で大友を刺した木村(中野英雄)ともコンタクトを取っていた。木村はバッティングセンターを経営し、かつての兄弟分の息子・嶋(桐谷健太)と小野(新井浩文)の面倒を見ていた。

 

木村が刑務所で大友を刺したことを、大友は喋らなかったことを知った木村は、大友への思いを強くする。片岡は大友と木村が手を組めば、木村組、大友組、どちらも再興できる、と木村を諭す。

 

山王会では、石原が狼狽していた。死んだと思っていたかつての親分・大友が生きて出所したことは、大友を知る石原にとっては脅威であった。部下に大友の早期の殺害を指示するも、なかなか見つからない大友に、石原の焦りは強まる。

 

片岡の仲介で大友は木村と話し合いの場を持つ。大友は懐の大きいところを見せるも、ヤクザの世界に戻るつもりはないことを明言する。

 

花菱会では、山王会の加藤が先代の関内を殺したという噂について協議していた。若頭・中田は木村を知っている。山王会に恨みを持つ木村を使って、山王会に揺さぶりをかける方策を練り始める。

 

木村との共闘を断った大友だが、木村は大友をヒットマンから守るため、嶋と小野を護衛につける。大友は2人に帰れというが、木村を慕う2人は大友から離れない。

 

ところが2人が目を離したエレベーターの中で大友はヒットマンに襲われ、腹部を銃撃される。

 

2人の働きで大友は一命を取り留めるが、責任を感じた2人は山王会へ殴り込み、返り討ちにあって惨殺される。

 

ことここに及んで、大友は腹を決め、木村とともに花菱会の盃を受けることを決める。

 

張に自らの決意を告げる大友に、張は言う。「利用されるなよ」と。

 

花菱会に出向いた木村と大友。この状況は花菱会にとっても期待した流れのはずであったが、少しでも相手に貸しを作りたい花菱会側は、盃を要求してきた木村、大友の態度に激昂する。

 

過去の話まで持ち出し侮辱する西野や中田たちに激怒した大友は、交渉決裂を宣言。これに激昂した中田は拳銃を抜き、大友の頭に突きつける。

 

一触即発の事態を救ったのは木村であった。なんと木村は自らの小指を歯で食いちぎって指を詰め、けじめを見せる。この男気には花菱会も沈黙するしかなかった。

 

大友と木村が最初に狙ったのは、山王会の先代のボディーガードだった船木であった。夜道、船木の乗ったクルマを襲い、船木と運転手以外全員を射殺し船木を拉致する。

 

大友は船木の目の前で、生きたまま運転手の頭蓋骨を電動ドリルで穴をあける。恐怖におののいた船木は、先代の身に何があったかを大友たちの前で白状するのであった。

 

山王会では石原の焦燥がピークに達していた。

 

加藤は花菱会に相談へ出向く。ところがそこで、録音された船木の告白を聞くこととなる。加藤が先代・関内を殺したところを目撃し、それ以来トントン拍子で出世したと喋っていた。

 

花菱会・布施はこの録音は石原から送られてきた、と嘘をつく。石原が山王会会長の座を狙っていると加藤に吹き込む。石原はかつて大友を裏切っているので、この話の信憑性は高く、信じてしまう加藤。

 

加藤は石原に、木村が大友と憎み合っているとの情報を流す。

 

花菱会の後ろ盾を得た大友と木村は、山王会幹部を次々と殺害。焦る石原は木村とコンタクトを取る。

 

大友発見の報を受けた石原は、のこのこと木村の元に出向く。一瞬で部下の全員を殺され、たった一人、大友の前に連れ出される石原。

 

失禁し、土下座をして命乞いする石原を縛り付け、ピッチングマシンの前に放置する大友。

 

豪速球を頭部に無数に受けながら石原は絶命する。

 

山王会幹部会では出席者全員に船木の告白テープが事前に郵送されていた。数名を残しただけで、すべての幹部が加藤に反旗をひるがえす。

 

その後、加藤側に残ったほぼ全ての幹部は、大友と木村たちに殺される。

 

全て花菱会が裏で糸を引いていた、と加藤が気づいた時は既に遅かった。

 

ほぼ仕事をやり終えた木村は木村組、大友組の再興を確信する。が、大友にはそんな欲はなく、何処ともなく消えてしまう。

 

花菱会へ赴いた木村。西野から、山王会と木村組との関係を取持ち、五分の手打ちにする旨、伝えられる。木村組の再興が約束されたわけである。

 

しかし代わりに大友の破門をいい渡される。山王会は加藤が引退する以上、こちらも敵役を差し出さなければならない、との言い分だった。

 

加藤は山王会を引退、白山が三代目会長についた。花菱会の西野が後見人となり、三代目の就任式が行われる。花菱会が山王会を吸収した瞬間であった。

 

かつての部下の白山、五味に罵られながら山王会を後にする加藤。

 

落ちぶれた加藤はパチンコ屋に入り浸る日々となった。李など、韓国人が従業員として入り込んでいることに気づきもしない。

 

白昼堂々、他の客の視線を遮るように配置された韓国人に囲まれ、パチンコ中の加藤の横に忍び寄る人影。大友だ。

 

大友は加藤の腹部を7箇所、短刀で突き刺す。

 

再興されたばかりの木村組に加藤殺しの嫌疑がかかりガサ入れが入り、構成員の大半が警察に連行される。形だけだ、と木村を諭す片岡。

 

その直後…

 

組員のほとんどいない木村組に、花を届けにきた配達員は、数少ない加藤の残党で、木村を射殺する。

 

木村の葬儀は盛大に行われた。

 

マル暴・繁田は片岡のやり方を嫌悪している。正攻法ではなく、暴力団側に入れ込み、金ももらいながら裏で暗躍するやり方を。

 

今回の木村の件も、ガサ入れ直後の出来事だ。片岡が操ったのではないか?そう疑う繁田は片岡との決別を宣言し、木村の葬儀会場から姿を消す。

 

片岡は大友を葬儀に呼んでいた。

 

今度は花菱会を潰すために大友を利用しようというのだ。

 

葬儀の会場には花菱会の大物も来ている。護身用に、と自分の拳銃を渡す片岡。

 

それを手に取ると、大友は一瞬の躊躇も見せず、片岡を射殺するのであった。

 

 

 

 

借金問題で実績のある「おしなり法律事務所」