走れダイエットランナー!

ポンコツ夫とポンコツ嫁はん。ランニングで健康維持しつつ映画やテレビ見ながら言いあらそうブログです。

MENU

映画「レッド・スパロー」感想ネタバレあり!乳房どころか下半身さえさらけ出し、敵の欲望を操作するジェニファー・ローレンス無双!エロさを感じるヒマさえ与えないサスペンスの連続!面白い、面白い!

f:id:maddiehayes9915544:20180330192733j:plain

 

 

エドガー賞受賞の原作

 

あまりにも面白い!と思ったら、本作の原作は2013年にエドガー賞を受賞した作品であるそうです。

 

エドガー賞というのは、アメリカ最大の推理小説のクラブ「アメリカ探偵作家クラブ(Mistery Writers club of America)」が選ぶ、優秀な推理小説(広義のミステリ)に送られる賞で。

 

その中の、「ベスト・ファースト・ノベル賞」を受賞した作品だそうです。つまり処女作。

 

レッド・スパロー (上) (ハヤカワ文庫 NV)
by カエレバ

 

レッド・スパロー (下) (ハヤカワ文庫 NV)
by カエレバ

 

書いたのは、33年間、実際にCIAで情報収集を行なっていたらしい方で。

 

ですので、描かれている世界は007やミッション:インポッシブルとは違います。派手なアクションやカースタントなどは一切なく。

 

普通の若い女性が、いかにしてスパイになって行くかが、リアルに描かれています。

 

ジェニファー・ローレンスがこれほどスゴい女優とは!

 

主人公・ドミニカを演じるのはジェニファー・ローレンス。

 

X-MENやハンガー・ゲームなど、SF活劇もののイメージが強い彼女ですが、オスカー受賞経験のある演技派。とにかく、彼女が凄いの一言です。

 

監督が「ハンガー・ゲーム」シリーズの監督なんで、気心が知れている、という間柄なのかも知れませんが。

 

 

その脱ぎっぷりがすごい。

 

彼女が他の映画でヌードになったことがあるのかないのかは知りませんが…。

 

ドミニカは敵の性欲を中心とした欲望をコントロールする訓練所に入れられます。

 

そのため、ヌードシーンは必須で。

 

乳房どころか、パンツまで「バサっ!」って感じで剥ぎ取られるシーンがあり、びっくりしました!

 

f:id:maddiehayes9915544:20180330225530j:plain

 

 

youtu.be

 

驚きのオープニング30分

 

①芸術的バレエシーンで

 

美しい、バレエのシーン。

 

ジェニファー・ローレンス演じるドミニカが踊るバレエシーンではまさか何も起こらないだろう。

 

 

男性ダンサーにスネを踏まれ、腓骨が真っ二つの大事故!

 

不運

 

不運なドミニカ…。

 

 

実は、男性ダンサーと、彼女の後釜を狙うバレリーナが仕組んだものだった!

 

ドミニカ、どうする?

 

可哀想なドミニカ…。

 

 

セックス中の2人を、鉄パイプで半殺し!

 

情報局へ

 

その後、情報局の叔父を頼って行くと…。

 

彼女がプリマドンナ時代に、彼女のファンだった政府高官に近づき、スマホをすり替えろ、との指示が。

 

たぶん、セックスすることになるだろう、と覚悟を決めては行くものの…。

 

ハニートラップのはずが

 

レイプ同然のことに!

 

 

第三の男が出現、高官のノドをバッサリと切り裂き!

 

え?え?スマホをすり替えるんじゃないの??!!

 

と、わずか30分の間に4つも予想と真逆の展開が繰り広がり、もうスクリーンに釘付けになります!!

 

このオープニング30分の間の緊張感はとてつもないもので。

 

超一級のスリラーの予感がビンビンとします!

 

第4学校

 

政府高官の暗殺現場を目撃してしまった彼女を、粛清せよと言う声もある中。

 

情報局副局長の姪、と言う立場もあり、彼女はスパイ養成学校に入れられることになります。

 

その名も第4学校。

 

のちのドミニカはそこを「娼婦養成所」と呼びますが。

 

そこは、敵の性欲を中心とした、欲望を見抜きコントロールすることを学ぶ学校。

 

f:id:maddiehayes9915544:20180330224445j:plain

 

どんなにおぞましい相手でも、喜んで性の相手ができるように訓練される学校で。

 

下手をすれば、3流ポルノ映画にでもなってしまいそうなシーンが何度も出てきます。

 

廃人になってしまった少年愛者を満足させよ、と命じられる少女は。

 

「どうしてもできません!」と泣き崩れるのですが。

 

「明日、明後日、何日もかけて、できるようになりなさい」

 

と言うシーンで、彼女が毎日、あの廃人の相手をさせられるのだ、と観客に想像させ、エロくはしなくて、かつ、この学校のおぞましさを印象付けます。

 

性交シーンがエロくない

 

この学校で、ジェニファー・ローレンスは何度もヌードシーンが出てきますが。

 

エロティックな演出は一切なく。

 

彼女が脱ぐときは常に、「ヤルか、ヤられるか」と言う緊張感溢れるシーンであり。

 

エロさなど感じるヒマさえ与えない演出なのでした。

 

美しかったシャーロット・ランプリングが醜い

 

ちなみに、第4学校の監察官を演じているのはシャーロット・ランプリング

 

「愛の嵐」で見せた美貌は、たぶん、世界三大美女の1人だな!と若い頃、僕は思っていました。

 

変態的な性欲でさえ、まるで高校生に英語を教えるようなテンションで淡々と教えて行く、退廃した人格を演じます。

 

f:id:maddiehayes9915544:20180330224632j:plain

 

かつての美貌は影を潜め、忌まわしい学校で、常識のタガが外れたかのような人物を好演しています。

 

こう書くと、なんか、変態アダルトビデオ的な映画なんじゃないか、と思われそうですが、決してそんなことはなく。

 

ハニートラップ、なんて軽い言葉では言い表せないような、性を利用したスパイを作る様子が、極めて緊張感あふれる中で描かれていきます!

 

ドミニカの本意がわからない!

 

彼女の任務は、ロシア情報局からCIAに情報をリークしている内通者の名前を聞き出すこと。

 

CIAのナッシュに接触するわけですが。

 

f:id:maddiehayes9915544:20180330225409j:plain

 

彼がブロンドが好きと見るや、すぐにブロンドに染め。

 

露出過多な水着でジムのプールを闊歩。

 

しかし彼はすでに、髪を染める前から彼女が自分を尾行していることに気づいている切れ者。

 

しかし彼女も、意図的に与えられた偽名ではなく本名をジムの会員証に記入し、自分が女スパイであることをCIAにバレ易くします。

 

この辺りの駆け引きも緊張感にあふれ。

 

彼女がなぜ、わざと本名を書いたのか。

 

CIAはあっという間に彼女がスパローであることを見抜きます。

 

それこそが彼女の意図なのか?

 

最初から、彼女は2重スパイになるつもりだったのか?

 

あるいは、そうやって敵の懐に入り込む作戦なのか?

 

そのあたりの彼女の意図が見えず、観客もCIAも翻弄されます!

 

ロシア情報局の恐怖

 

ブタペストでルームシェアする女性も同じくスパロー。

 

ルームシェアのスパローは、ある理由でロシア情報局に殺されるわけですが。

 

浴槽から部分的に見えている遺体は、ところどころ生皮が剥がされていて。

 

とてつもない拷問のあと、殺されたことがわかります。

 

この恐怖がのちの伏線に…。

 

姪を性的な目で見る叔父を利用

 

ドミニカは殺されたスパローに変わり、彼女が入手していた情報源「スワン」に接近、「スワン」はCIAの情報を持ち出し、ロシアに売ろうとしていたのでした。

 

ドミニカはその情報をもらったと見せかけ、CIAに彼女の身柄を引き渡すはずが。

 

CIAの失態で「スワン」がそのことに気づき、狼狽したスワンはトラックにはねられ死亡。

 

彼女の身柄はすぐに本国に強制送還、拷問にかけられます。

 

関係なかった彼女の上司が先に殺されていて。

 

彼女も間違いなく殺される、という中で…。

 

なぜか彼女は殺されず。

 

情報局副部長の姪、という立場が、かなり有利に働いている様子で。

 

彼女の叔父は、おそらくは、彼女をずっと性的な目で見ていたわけで、彼女はそれすら利用していたのでした。

 

愛するナッシュの生皮を剥ぐ拷問

 

CIAのナッシュと彼女は恋仲になっているのですが、それすら本当なのかどうなのか。

 

f:id:maddiehayes9915544:20180330225725j:plain

 

ズタボロになりながらブタベストに戻った彼女は、ナッシュと激しい一夜を過ごすのですが…。

 

目覚めると、あの恐ろしい暗殺者が、裸のナッシュを椅子に縛り上げ、ノドをグイグイと締め付けている!

 

途端に彼女の目が冷めた光になり。

 

ついさっきまで、激しく愛し合った男が殺される手伝いを始めます…。

 

恐ろしい…。愛し合っていると思ってたのに、それすらウソだったのか…。

 

内通者の名前を吐くように、暗殺者が拷問に使うのが…。

 

「生皮剥ぎ器」。

 

ルームシェアのスパローが殺されてた際、身体中の生皮を剥ぐのに使ったあの器具…。

 

「内通者の名前を言え。言ったところで苦痛をゆるめたりはしないがな」

 

恐ろしいセリフとともに、ナッシュの背中の生皮を剥ぎ…。

 

苦痛で泣き叫ぶナッシュの両手・両足はドミニカによって縛り付けられ動かない…。

 

全観客の息が詰まる!

 

この拷問のシーンの恐ろしいこと、恐ろしいこと!

 

映画館にいた全観客が凍りついているのがわかりました!

 

ドミニカは暗殺者から器具を借り、彼女自身がナッシュの生皮を剥ぐのですが…。

 

一瞬の隙をつき、暗殺者を殴打!

 

自分が縛ったロープを切り、ナッシュを解放し、暗殺者を殺します!

 

映画館全体が、

 

「ほぉ〜っ」

 

 

と、するのがわかりました…。

 

最後まで予想の裏をかくドミニカ

 

やがて、自ら姿を現す内通者。

 

ロシア情報局の長官本人こそが内通者なのでした。

 

「私を情報局に売れ。そして局の信頼を勝ち得て、今度はお前が内通者となるのだ。私の死を無駄にするな」

 

 

この、長官の命をかけた提案を受けて、彼女が下した決断は…。

 

長官ではなく自分の叔父であると工作するのでした。

 

最後の最後まで、予想の逆を行くストーリーと、極めてリアルに描かれるスパイ戦の世界。

 

性欲を利用し敵のフトコロに入り込む物語で、ジェニファー・ローレンスのヌードがいたるところに出まくりながら。

 

エロさなど微塵も感じる隙がない緊張感とスピード感溢れる演出は見事でした!

 

デート・ムービーには適していないと思いますが!

 

スリラー、サスペンス、ミステリー好きには最高に面白い作品です!