走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

ポンコツ夫婦、熊野古道小辺路のリベンジ成功しました!

去年の暮れ、軽いノリで熊野古道の小辺路へ挑み、時間切れで目標地点の果無峠(はてなしとうげ)にたどり着けなかったわれわれポンコツ夫婦。

 

www.rundietrunner.com

 

本日、無事にリベンジに成功しました!

 

f:id:maddiehayes9915544:20180223212013j:image

 

詳細はまたあすにでも!

 

ガーミンの同期が帰宅しないとできないのでわかりませんが、iPhoneによれば、

 

f:id:maddiehayes9915544:20180223212137p:image

 

階段に換算したら265階ぶんを昇り降りしました!

 

つかれたー(;・∀・)

 

 

ナギサビール、23年目にして初の!!なんと、1000円で飲み放題!!2/27まで!!

エイチ・アイ・エスが「現地に飲みに行きたい!日本全国地ビールランキング」で、実に1位に輝いたほどの美味しい地ビール・ナギサビール。

 

smp.his-j.com

 

www.nagisa.co.jp

 

お方さまが白浜に来たがる理由の第一位が、このナギサビールの工場で出来たてビールを飲むこと。

 

f:id:maddiehayes9915544:20180222211813j:image

 

今日もアメリカンウィートと黒ビールを飲んで、ご満悦(;・∀・)

 

f:id:maddiehayes9915544:20180222211932j:image

 

あんまり美味しそうに飲んでるから…。

 

お店の人が、極秘情報を漏らしてくれました!!

 

なんと、2/27まで、ナギサビール工場すく横にある、直営レストラン「バーリィ」さんで、

 

ナギサビール6種類が90分1000円で飲み放題!!

 

をやってるそうです!!

 

ナギサビールはもともとややお値段が高く。

 

1本330ml入の瓶が390円。

 

それでもお味は美味しいんですが。

 

それが6種類、90分飲みホーダイで1000円!!

 

じつはこれ、それほど大々的に宣伝してらっしゃらなくて。

 

ナギサビール工場でも、こんな小さなビラが配られてるだけ。

 

f:id:maddiehayes9915544:20180222212756j:image

 

お店の人が言うには、大酒飲みのナギサビールファンの人たちなどは、

 

「ボクたちなんかは、こんな飲み放題は、行ったらダメなんですよね…?」

 

って遠慮してしまうほどの、赤字覚悟のイベントみたいです!!

 

われわれ池田家は、あす、この飲み放題に行こうと思います!

 

詳細はまた、明日、レポートしますが!!

 

和歌山近辺のみなさん、2/27までに、バーリィへGO!!

 

 

 

 

京都マラソン2018外伝2︰秘奥義!!京都マラソンで美女にモテモテになる方法!!

先日行われた京都マラソン2018において、なぜ美女が走っている率が高いかについてはこちらの記事で分析をしました。

 

www.rundietrunner.com

 

要は、四人に一人が外国人ランナー、という京都マラソン。その中でも、台湾人が占める確率はとても高く。

 

台湾の人々は日本人に比べて、明らかにスタイルがいいです。

 

顔つきが似ているから、と油断していたら、腰から下はとんでもない。

 

台湾の人はとてもスタイルがいいです‼︎

 

そんな理由で、台湾人はたいていが、いま流行りの

 

「タイイチ」(下半身はタイツ1枚で走る)

 

というウエアで走っています。

 

ですので特に女性は…。

 

下半身のスタイルの良さが際立ち、その美しさはまるで人魚のごとく。

 

ただ走っているだけなのに、エロティックでさえあるほどの美しさがあります!!

 

ケースその①:物言わぬ、童顔美女

 

昨日もアップしたこちらの女性。

f:id:maddiehayes9915544:20180222174311j:image

 

実は彼女も台湾人でした。

 

僕はそのことに気づかず、彼女も日本人だと思って、彼女が目の前を通り過ぎる際に、こう叫びました。

 

「ナイス美人!!ナイス美人!!可愛いよ〜〜!!」

 

すると…。

 

彼女は突然、立ち止まったのです!!

 

そしてわれわれを振り返り…。

 

ニコニコ笑いながら、なぜか、通り過ぎた僕の方へと、わざわざ戻ってきたのです…。

 

そして僕の前に立ち…。

 

ニコニコ、この笑顔で笑いながら…。

 

なぜか、何も言わないんです…。(^_^;)

 

僕はすっかり狼狽してしまいました(^_^;)長いこと、マラソンの応援をしていますが、こんなことは初めて。

 

「ブログ読んでます!!」

 

とか、

 

「○○マラソンでもお見かけしました、このガチャピン!!」

 

とか言われたことはありますが、彼女はなぜか、僕の前に佇み、微笑みながらも何も言わない!!

 

僕はしどろもどろになりながらも…。

 

「ど…。どうしたんですか??(^_^;)なぜ、戻ってきたんですか??」

 

と尋ねました。

 

彼女はニコニコ笑いながら…。

 

僕が右手に持っていた、コールドスプレーを指さしました!!

 

ああ、足が痛いから、冷やして欲しいのかな??!!

 

「ああ、スプレーね!!どこですか??太もも??ひざ??」

 

僕が彼女の前でしゃがんで、下半身にスプレーを噴射しようとすると、彼女はひざの外側を指さしました。

 

僕はこの時、初めて…。

 

「あっ!!この子、台湾人なんだ!!」

 

ということに気づきました!!

 

「ナイス美人!!」

 

という僕の言葉が理解できたわけではなく。

 

たぶん、僕の持ってたコールドスプレーが欲しかったわけでもなく。

 

(実際、このあとすぐに彼女のひざにスプレーしたものの、大したリアクションもなく、もっとスプレーしてくれ的なリアクションもありませんでした)

 

彼女はただ…。

 

ほとんど仮装しているランナーがいない中で(京都マラソンは、ランナーにおいては仮装禁止)、沿道で大声をあげて、何か自分に声をかけてくれた全身グリーンのガチャピン姿の僕が気になって、立ち止まっただけなのでした!!

 

彼女は終始、一言もしゃべらず。

 

ただ、天使のように僕に微笑みながら…。

 

かぐや姫が月に帰るように、走り去って行きました!!

 

ちなみに!!

 

彼女をとった写真は3枚ありますが、その全てが彼女の腰から上を撮影しています。

 

腰から下はもちろんタイイチで。

 

それを撮影してしまったら、タイホされてしまうのではないか、と危惧してしまうほどの、美しくエロティックなタイイチ姿なのでした!!

 

ケースその②:ハイテンションで派手ウエアの美女

 

彼女が去ってから30分後。

 

今度は、一目見ただけで台湾人と思しき美女が、われわれのいる沿道とは逆の端から、われわれ側に向かって自撮りをしていました!!

 

全身ピンク基調のウエア。もちろんタイイチ、足は長く、ヒップはプリプリ!!

 

全身写真を撮ると、なんらかの条例に引っかかるのではないか、と思われるほどのセクシーさ!!

 

おそらくは、沿道にずらりと並んだ「着ぐるみJAPAN」全員を収めた構図に自分を入れた写真を撮っていたのだと思われます。

 

そして彼女もまた、ニコニコ笑いながら僕の方へと接近し…。

 

ジェスチャーで、

 

「私と自撮り写真におさまってくれ!!」

 

と頼んできました!!

 

もちろん喜んでそれに応じながら、

 

「僕の写真にもおさまってくれ!!」

 

とこっちからも頼みました!!

 

f:id:maddiehayes9915544:20180222174325j:image

 

彼女もまた、人魚のように美しい脚線美を、タイイチ姿で走っている美女でした!!

 

結論:仮装禁止マラソンで、モテモテになる秘訣

 

愚かな男性応援者たちよ!!

 

来年の京都マラソンでモテモテになる秘訣を伝授しよう!!

 

なるべく派手な仮装姿で応援せよ!!

 

ランナーは仮装者がいないコースを走っていて退屈しているため、仮装応援を見るとテンションが上がる!!

 

さらに、ハイテンションで応援してくれている仮装応援者のところには思わず接近し、写真を求めてくるので、結果的にモテモテ状態となる!!

 

これが、それがしが編み出した、「京都マラソンで美女にモテる術」である!!

 

 

京都マラソン2018外伝2:美女だらけの京都マラソン!!なぜ、京都は美女が多く走るのかの理由を分析してみました!!

f:id:maddiehayes9915544:20180220231524j:plain

 

今回の京都マラソンはなぜか…。

 

例年にも増して、美女が多かったように思います!!

 

とにかく、キュートで、スレンダーで、笑顔が眩しい美女たちが、みやびな京都の街を走る姿はとても美しく!!

 

それは、われわれ「着ぐるみJAPAN」の女性メンバーさえ、

 

「ちょっとぉ!!女の子のランナー、めっちゃ可愛いコばっかりやん!!」

 

 

とため息を漏らすほど。

 

京都マラソンに美女が多い理由

 

美女ランナー評論家の私としては、この現象には理由があると思われ。

 

京都マラソンは、外国人が占める割合がとても多い大会です。

 

ランナーの4人に1人が外国人。

 

その中でも、台湾人の人々が占める割合が多く。

 

台湾人と日本人の違い

 

台湾人女性ランナーと、日本人女性ランナーとの違い。それは…。

 

ウエアのチョイスにあります!!

 

日本人は、多くの方が、タイツを履いてその上から短パン、というスタイル。

 

それに対し、台湾人は日本人より足が長くてスタイルが良く、短パンなど履かず、いわゆる「タイイチ」で走っています!!

 

そのいさぎよい格好は、彼女たちの腰から下のスタイルの良さをいっそう際立たせ!!

 

もちろん、わざわざ台湾から日本へマラソンに来よう、というランナーたちの肉体は鍛え上げられて美しく!!

 

タイイチ姿により、ミケランジェロの彫刻のごとく美しく!!

 

見る者を圧倒しました!!

 

より一層、気合の入ったガチャピン応援!!

 

あまりの美人の多さに、ランナーへの僕の掛け声に、新しいバージョンができました。

 

ニックネームゼッケンに、例えば

 

「よしこ」

 

と書いてあれば…。

 

これまでは、

 

よしこさん!!がんばって〜〜!!

 

というパターンだったのですが…。

 

今回はニューバージョンとして、

 

オレのよしこ!!オレのよしこ!!ガンバレ!! 

 

という掛け声に変えてみました。

 

ガチャピンからこう声をかけられた女性は、全員が笑いながら走り去って行きました!!

 

オレのよしこ・バージョン2!!

 

さらにこれには別バージョンも存在し!!

 

同じく、応援に来てくれていた爺ぃこと木上氏と連動した作戦で。

 

ガチャピン:オレのよしこ!!オレのよしこ!!頑張れ!!

 

よしこ:(走り去りながら)??!!

 

爺ぃ:違う!!お前はオレのよしこじゃあ!!

 

よしこ:??!!(爆笑)

 

と、この「よしこを取り合う」というミニコント風の応援で、女性ランナーは全員、爆笑されていました!!

 

「海月姫」第6話、修くんのナイスガイが止まらない!!スネたまやや・ばんばさんの目隠れコンビの立ち直りの早さと、やっぱり月海の可愛く儚い存在に心打たれた!!

f:id:maddiehayes9915544:20180220223258j:plain

 

「海月姫」第6話。

 

第5話の、あのショッキングなラストシーンから、話がどう繋がるのか、と思っていましたが…。

 

月海:いやいやいやいや、いま一度、情報を整理せねば!!記憶が断片的すぎるゆえ!!

 

どうやらあまりのショックであの後お記憶があまりない様子で…。

 

現れた蔵之介に対し、女の子らしくモジモジしたあと、自分の部屋で

 

月海:どうした、じゃなかですよ!!さ、さ、昨夜のあ、あ、アレ…。口が、あ、当たってましたよね??

 

この辺りの一連の芳根京子のコミカルだけど繊細な動きが実に可愛くて素晴らしい!!

 

彼女は本当にうまいなあ、と思います!!

 

「挨拶みたいなもん」

 

と外国の例を出して月海を納得させるも…。

 

あの時は、月海の儚(はかな)さが愛おしく、自分を抑えきれずに思わずキスしてしまったことに、自分でも驚きながら、月海への募る想いをどうすればいいのかわからない蔵之介…。

 

 

月海の妄想の中で、修がクラゲのドレスで女装している姿はインパクトが強すぎて!!

 

僕はテレビに向かって思わず、

 

「やめなさい月海!!妄想するの、やめなさい!!(^_^;)」

 

と叫んでしまいました!!

 

「まややとばんばさんの反乱」

 

新キャラ・ニーシャの衝撃

 

ニーシャ:元・旦那が岸和田で表具屋やっててん。(尼〜ずに)あんたら、表具屋って知ってるか?(尼〜ず、沈黙。)知ってるか??!!

 

質問に答えない人間に対し、空気を読むとかせず、質問を畳み掛けるというあの気の強さ!!

 

タダモンじゃない空気感がビシビシ伝わってきました!!

 

ニーシャ:だいたい、誰が買うねんこんな服。誰が着るねん!!やるんやったら、もっと普通のデザインもんも作りぃや。考えてんのか?

 

月海:普通の…?

 

ニーシャ:ワンピースとか。スカートとか。カットソーとかTシャツとかロゴバッグとか小物とかやアホ!!

 

畳み掛ける!!大阪弁で!!

 

怖いぞニーシャ!!月海は千絵子に抱きついて逃げた!!

 

「せっかくの、尼〜ず鍋なのにな…」

 

せっかくみんなで一つになろうと、千絵子抄が作ってくれた尼〜ず鍋…。

 

月海の出身地・鹿児島の薩摩地鶏の水炊き。月海が喜ぶ、と嬉々として月海の部屋に行ったまややとばんばさん…。

 

予想外の月海の対応に…。

 

「久しぶりの、尼〜ず鍋なのにな…」

 

と、スネてしまいます…。

 

連日の激務で、ただでさえほどけかけていた尼〜ずの絆が…。

 

こんな些細なきっかけでプツリ切れてしまうって、実生活でも時々ありますよね〜。

 

ばんばさん:服を作って楽しいのはお前と月海だけだ。どうせ作ったって、自分らが切れる服なってないしな。

 

まやや:御意。

 

一致団結!!

 

まやや:デモ??!!それは、激しい文言を布や板にペンキで書きなぐり、それを持って拡声器で叫びながら、みんなでお役所の前などを練り歩く、あの??!!

 

月海:はい!!千絵子さんとジジ様は、お二人がやるならやると言ってくれました!!

 

まややとばんばさん、顔を見合わせ、うなずく

 

まやや:今まで、機会がないからやってないだけで、やってみたかったこと1位。それが…。デモ!!

 

ばんばさん:わしも、昭和の国鉄ストライキ並みのデモをやってみたい!!

 

デモ、というキーワードで、もう二度と戻らない、と息巻いていた天水館にとっとと戻るまややとばんばさん(^_^;)

 

もちろん2人も意地を張ってたものの、本当は帰りたかったはずで。

 

自分たちに帰るきっかけをくれた月海に、密かに感謝しているんだと思います。

 

 

 

初めて、自分たちが着たい服を、デモの「鎧」として作り、デモに臨む尼〜ずたち。

 

なぜか、その中心には、月海でも蔵之介でもなく。

 

まややの諸葛孔明。

 

出陣の雄叫びをあげたのも、まややの諸葛孔明。

 

まやや、ここでも無双!!

 

メインテーマはナイスガイ・修!!

 

今週のメインテーマの一つが、修くんのナイスガイ度の話で。

 

天水地区再開発賛成を表明した父に対し、修はあくまで反対派の意見も聞こう、という意思を強く持ち。

 

それはおそらく、月海のことが好きだから、という気持ちがいちばんの推進力になっているとは思うのですが。

 

修:月海さん!!これからは、何かあったらすぐに僕に相談してください!!…。泣いたりする前に。必ず。

 

月海:(驚きながらも、うなずく)は、はい。ありがとうございます!!

 

何かに夢中になって、気づいたら誰もいなくなっている。自分がこれまで歩んできた失敗の人生がまた繰り返される、と思っていた月海なのに…。

 

そんな月海の人生の中で、初めて、修は、自分を待ってくれる人なのだ、ということに気づく月海。

 

あなたが泣くようなことがあるのなら、自分は何を差し置いてでも駆けつける!!

 

男が女性にこんなことを言うのは、本当にその人が好きなときです。

 

この一言で僕は修というキャラクターが好きになりました!!

  

修:月海さん!!

 

月海:はい!!

 

修:僕は時間まで、この辺で待機しています。もし何かトラブルがあったら、僕の携帯にすぐに電話してください。

 

月海:…は、はい!!

 

修:大丈夫です!!何が起きても、僕がなんとかします。だから…。(月海と同じ、敬礼ポーズ)安心して、行ってらっしゃい!!

 

月海:(敬礼ポーズ)行ってまいります!!

 

ここは、とてもいいシーンでしたね!!朴訥な修ですが、政治家の秘書なので、今までいろんな修羅場もくぐり抜けてきたはず。

 

その経験に裏付けされた、

 

何が起きても、僕がなんとかします!!

 

という頼もしいセリフ!!

 

これは、まだ社会に出ていない蔵之介には言えないセリフで!!

 

しかもその貴重な経験、専門的なノウハウを、愛する月海のために提供しよう、という、修のナイスガイぶり!!

 

なんていいやつなんだ、修!!

 

直球のラスト

 

そしてラスト。

 

先週の衝撃の蔵之介のキスは「挨拶」とかわされてしまいましたが…。

 

真面目な修は直球勝負。

 

修:月海さん。好きです!!

 

さあ、ごまかしのきかないど真ん中ストレートがきました!!

 

来週、どうなるんだろう〜〜??!!

 

 

 

「陸海空」2/24はナスD最終章の続きを放送するみたいです!!

f:id:maddiehayes9915544:20180220182527j:plain

 

次の土曜日、2/24の陸海空は、西村アースの続きではなく、年末のナスDの無人島の続きを放送するみたいです!!

 

youtu.be

 

相変わらずの「最終章」という表現、最終回なんでしょうか?

 

終わってほしくない、という思いもあるなあ…。

 

あと、DVDに関する告知もあるとのこと。

 

要チェック!!