走れダイエットランナー!

はからずも52にして人生を再スタートすることになりました。健康を取り戻し、また走り始めたい!

MENU

「陸王」第9話 やっと進んだ物語!!大地の成長と、社長のウジウジからの脱却!!そして池井戸物語ならではの逆転の展開!!

f:id:maddiehayes9915544:20171219205520p:plain

 

物語の展開が急速に失速していた陸王ですが、やっと進展がありました!!(当たり前か(¯―¯٥)次が最終回だからな)

 

信頼、喪失

 

フェリックスに買収される話ですっかり従業員からの信頼を失う宮沢社長。

f:id:maddiehayes9915544:20171219205931p:plain

 

御園の人間性

 

味方??

 

宮沢はフェリックスの御園という人間を知るために再度、話し合いを御園に依頼します。

 

なんか、富士山のふもとで魚釣りをしながら話し合うことに。

f:id:maddiehayes9915544:20171219210339p:plain

 

そしてここで、宮澤は御園という人間を知ることになります。

 

いくつかの挫折を経ながら経営を続けていたが、愛する妻を自然災害で亡くす。それでも再度、作った会社こそが今のフェリックス。

 

フェリックスという名前は、妻を殺したハリケーンの名前。

 

その名を聞くたびに、心に火がつき、壁を乗り越え今の成長を果たせた。

 

御園社長の人となりに敬服する宮沢。

 

敵??

 

ところが、御園はまた、アトランティスの小原と会食の席に出席。

 

こはぜ屋を買収後は、アトランティスにシルクレイの供給を、という依頼に対してニヤリと笑います。

f:id:maddiehayes9915544:20171219211012p:plain

 

このあたりの御園という人間の描かれ方がよくわかりません。「いいやつ」なのか「悪いやつ」なのか。

 

もし、原作と同じ終わり方をするのなら、このシーンを挿入することで、視聴者に御園という人間像を絞らせず、よりヤキモキ感が増幅します。

 

うまいな、と思いました。

 

ちなみに悪役のこの二人の顔芸はどんどんエスカレートしています!!(^◇^;)もはや、笑わせようとしているのでは、とさえ思ってしまう…

f:id:maddiehayes9915544:20171219211401p:plain

 

茂木、自暴自棄

 

茂木は10,000メートルで歴代の記録を更新、豊橋国際マラソンへの出場も問題ないか、と思いきや…。

 

なんと、アトランティスのデータによれば、その記録でフルマラソンを走っても、2時間30分〜45分という!!

 

猫ひろしより遅い!!

 

立原役で出ている宇野けんたろうより遅い!!

 

ホンマか、アトランティスのデータ??!!

 

ホンマなら、10,000メートルだと猫ひろしが日本記録を更新できるってことなのか、アトランティス??!!

 

しかも、その次の日に、茂木の記録は毛塚に抜かれ。

 

豊橋国際もダメ、記録も抜かれた、の茂木は自暴自棄になってしまいます。

 

城戸監督はそんな茂木に愛ある叱咤をします。

f:id:maddiehayes9915544:20171219213715p:plain

 

毛塚は茂木が故障中、ずっと追われる側の人間として練習を重ねて成長していること、もう茂木の知っている毛塚ではない、ということ。

 

それに対し、自分の成長のためではなく、毛塚を追い越したいためにだけ走っている茂木に、今の毛塚を抜くことはできない。

 

大地の成長

 

さて、もう一つ、ドラマのオリジナル演出でうまいな、と思ったのが大地の成長です。

 

タチバナラッセルとの取引が終わったあたりから、コツコツと大地が続けてきた、新しい繊維会社の発掘がついに身を結ぶ場面は、なかなか感動的です。

 

もちろん、僕も長いこと営業をやってきましたが、あんな都合よく社長が出てきて話がまとまるなら、1日でも2日でも、よその会社の待合室で待ちましょう!!(^◇^;)

 

って言いたくなるくらい、都合の良すぎる展開ではありますが、そこはドラマです。

 

大地の成長を、コツコツと丁寧に描いてきたストーリーは感動しました。

 

久しぶりの陸王

 

こうして手に入れた新しいアッパーと、わずか1足分だけ残っていた茂木モデル用シルクレイで、陸王の製作に取り掛かる面々。

 

大地の頑張りに、買収に反対して残業を拒否していたあけみさんも戻ってきてくれます。

 

そして、飯山の説得で、村野も帰ってきて、出来上がった陸王を見て、もう一度、作り直すよう指示を出します。

 

 

そしてついに完成した新しい陸王。

f:id:maddiehayes9915544:20171219214737p:plain

 

今のアトランティスは、そんなに「悪」なのか?

 

しかし…。

 

茂木はいま「RⅡ」を履いています。

 

そうすることで、ダイワ食品陸上部へアトランティスが資金提供をして、部の存続が続いているからであり、茂木の本意ではありません。

 

とはいえ。

 

逆にいえば、アトランティスはそこまでして茂木を自分のものにしたい、と思っているということ。

 

言い換えれば、応援している、ということ。

 

確かに、茂木は毛塚への当て馬、と小原部長は前回、言ってはいましたが。

 

本意ではないにせよ、アトランティスはそこまで茂木を応援してくれていることに変わりはなく…。

 

ここで再び陸王に戻るのは、けっこうな裏切り行為ではないだろうか…。

 

と僕は危惧してしまいます…。

 

御園との交渉

 

そして、池井戸ものならではのどんでん返しが最後にありました。

 

コートの下に、こはぜ屋のハッピを着込んで交渉に臨む宮沢社長。

 

九分九厘、フェリックスに買収される流れになっていたにもかかわらず、飯山のアドバイスで、

 

「買収」ではなく「業務提携」

 

という形ではどうか、と御園に提案します。

 

御園の提案はいいことずくめですが、もし、こはぜ屋がフェリックスにとって不必要な会社になった場合はどうなるのか。

 

シルクレイを上回る素材は近い将来、必ず出てくる、その場合、こはぜ屋はどうなるのか。

 

これは聞きにくいことですが、ズバッと聞きましたね!!

 

「そうならないようにするのが企業努力でしょう!!」

 

とか

 

「将来のことなどわからない」

 

などと、御園の口からは曖昧な言葉ばかり。

 

そして、フェリックスに買収され、捨てられた会社の話になるや、ついに御園は交渉決裂を宣言!!

 

「シルクレイを欲しがる企業を探し当ててみせる!!」

 

と御園に啖呵をきる宮沢!!

 

さあ〜、3億円出してもいい、と言ってくれていた交渉が決裂しました!!

 

そして次はいよいよ最終回です!!

 

決着は、どうなるんでしょうか??!!

 

楽しみです!!